地震予報のメール配信サービスで危険度を認識する

地震予報のメール配信サービスで危険度を認識する

グラフ

いざというときに備える

有事に備えて日頃から防災に対する意識をもっておくことが大切です。日本はとりわけ地震が多い国として知られていますので、地震対策を万全にすることが必要になるでしょう。

自宅での対策

就寝中に大きな地震が発生してしまう場合があります。その際に注意したいのが建物の倒壊や、家具の転倒です。建物の倒壊は、耐震補強をしたりするなど、耐震基準をクリアした頑丈な住宅に住むことが予防策となります。家具の転倒は、避難が困難になったり、最悪の場合では圧死するリスクが高まりますので、転倒しないように配置することが大切です。出入口付近や、ベッドの周囲に転倒すると危険な家具は置かないようにします。転倒防止用のアイテムも販売されていますので、利用するのも得策です。また急な停電に備えて非常時用の懐中電灯を枕元に置いておくことも必須となります。さらに自宅のガラスなどが割れることを想定して、足をケガしないように、脱出用のスリッパや靴をすぐに使える場所に設置しておきましょう。

外出先でも安心

仕事中や遊びに出かけているときにも、地震が起こる可能性があります。外出先で地震が発生した場合は、まずは安全な場所に避難することが大切です。ビルの近くにいる場合は、窓ガラスなどが割れて落下する危険があります。古い建物であれば、倒壊の危険もあります。すぐに建物から離れて身の安全を確保するようにしましょう。建物内や電車、地下街にいる場合は、誘導のアナウンスに従って落ち着いて避難します。入口が限られていますので、大勢の人が押し寄せるたいへん危険です。まずはパニックにならないように行動することが大切です。

サービスを利用する

地震を予報するメール配信サービスを利用することで、防災に役立てることができます。このサービスは、電波の異常を解析して地震の前兆を予測するものです。会員になると、定期的にメールで情報を知らせてくれます。もし、緊急を要するような危険度が高いときにはすぐに連絡をしてくれますので安心です。もちろん100パーセント確実に当たるということはまだまだ難しいのが現状です。しかしかなり高い確率で、危険だということがわかります。情報が頭に入っていれば、それに付随した対応策を立てることができます。家族や友人など大切な人の命を守ることもできるでしょう。

広告募集中